低偏差値からでも医学部を目指せる予備校との出会い

努力次第で合格できると感じ始めた

医学部 予備校医学部受験合格ナビ

当日、予備校に行くと担当の方から大変丁寧な説明をして頂き、過去の実績をはじめ自分のような低偏差値の学生でも医学部に合格した例もあり、あなたの成績でも十分行ける可能性があると説明して頂きました。
こちらの予備校ではクラス単位の講義だけではなく個別指導に力を入れており、ひとりひとりに合わせたカリキュラムを作成する事で得意分野を伸ばしながら弱点を克服する事で総合的な偏差値アップを目指すと言うものでした。
また、寮や自習室などの設備も充実しており、勉強に集中できる環境が整っているのも大きな魅力でした。
説明を聞いているうちに自分でも努力次第で合格できると感じ始め、あきらめかけていた医学部への道に進みたいという思いをより強くしました。
家に帰ると親に時間を作ってもらいその日見た事や感じた事、そしてずっと抱いていた将来の夢を真剣に話しました。
経済的には迷惑をかける事になるが、この道ならばかなりの可能性があると感じた事も話しました。
それを聞いた親は最初は驚いた表情を見せましたが、こちらの姿勢が伝わったのか少しずつ表情が変わり大きく頷きながら話を聞いてくれました。

東進は電話でしか質問出来ない所がNGンゴ。
塾は講師の質がNGンゴ。
ただ塾のネット質問は動画で解答へのプロセス教えてくれるのが使えるンゴねぇ〜。
予備校行けれるまでは駆使しまくるンゴ〜( ˘・ω・˘ ) pic.twitter.com/NqpqLdmCSo

— 飼われたニャンコ@医学部受験記 (@Up_to_U801) 2018年4月10日

低偏差値からでも学部を目指せる予備校がある / 努力次第で合格できると感じ始めた / 夢をあきらめない決意をさせてくれた皆様に感謝